2006年11月30日

織田家復興総括

長い滅亡状態にあった織田家が、遂に復興に成功しました。


1日1時間ログインできるかできないかの状態で、ちまちまと那古屋城へ通っていたわけですが…そんな短時間の中でも、織田家の気迫というか…覚悟が感じらる戦いでしたね。

とある織田家の方と合戦前にお話する機会があったのですが、その方はこう仰っていました。


三好家復興の影響で、本願寺家が好意で起こしてくれた斎藤家の援軍を最小限に抑えるという作戦は失敗に終わってしまったが、それでも同盟国の全力支援を受けられる今回は、絶対に負けられない。これに勝てなかったら正直言ってもう復興は無理だろう、だから、今回に全てを賭けたいと思う…と。



結果論ですが、個人的にはあの第1陣の粘りが全てだったように思います。

もしもあの陣で押し切られて1敗を喫していたら、おそらく戦意をくじかれてしまったのじゃないかな。あそこで持ちこたえたころが自信に繋がり、その後の奇襲作戦の成功で1勝をもぎとり、最終的に那古屋奪還に成功したのだと思います。

それと、今回の勝利の鍵として、上手なコンバイン(所謂ゲリラ)作戦の導入があったと思います。

速攻で中先を落とし、城エリアのキーである中中陣に奇襲をかけて本体を弱体→撃破。中中に防衛ラインを押し上げて陣全体を掌握。コンバインはその性質上非常に防衛がしにくく、なおかつ徒党ではなく大勢の個人が突撃する作戦なので、

 「防衛がしやすい為、徒党での取り付きが非常に難しい」

と、いう城エリア最大の難点を見事に消し去っていましたね。

桶狭間や三方ヶ原で多くの方がこの日のために練習を積んでいたそうで、一度取り付いたらかなりの確率で落とせていたのも大きかったと思います。



織田家の皆様、改めておめでとうございます。

これで、破天前に全ての勢力が復活したことになるわけですが…今後の外交にどう影響していくのが注視する必要がありそうです。
posted by 高波夏樹 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

おかえり!

9月に、リアル都合で休止宣言していた猫さんが戻ってきました。

本当は数日前に戻っていたようなのですが、ちょうどぼくの方が業界用語でいうところのいわゆるデスマーチ(死の行進曲。デスマッチではない)に突入していて顔を合わせられず。今日になって、ようやくゲーム内での再開と相成りました。


再開後はリアル都合もありまったりモードに突入するとのことですが、やっぱり帰ってきてくれたのは嬉しいですね。


そしてもう1人。

ブログ休止中だった為こちらには書いておりませんでしたが、帰ってきてくれたのは猫さんだけではありません。織田家所属時代に固定メンバーの1人だった蘇我さんも1部キャラを足利に持って来てくれたので、おーかさん以外の初期無明メンバーが復活した状態になっております。


と、いうわけで改めて…おかえりなさい!!
posted by 高波夏樹 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

状況回復報告。

本日、ここまで頭を悩ませていた激務に終止符が打たれました。


もっとも、まだやらなければいけない作業は残っているので無茶はできかねますが、11月中の

「家に戻って時計を見たら2時過ぎてました!」
(14時ではありません念のため)

な状況は、以後数ヶ月は起こらないと思われます。
来年のGWあたりにまた発生しそうですがねHAHAHA。


orz


と、いうわけでまたちまちまと信およびこっちを復活させていこうかなと思っております。


…しかし、わずか1ヶ月のあいだに周辺各国の動きがずいぶん慌しくなってきましたね。三好家も復興しているし、織田家も復興まであと1歩のところまで迫っていますし。

プチ浦島太郎状態がギガ浦島太郎状態にならないよう、情報収集を開始したいと思いますです、はい。
posted by 高波夏樹 at 15:49| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。