2005年12月05日

▲の消える順番とメッキの効用

付与・呪詛共に、

白→黄→青→赤→緑


上記の順番で消えていきます。

たとえば…
がついている相手に「看破」をした場合、
△が消えてほかのものが残ります。
「看破・弐」ならば、対象の付与が2つ消せるので、
の2つが同時に消えます。


解呪をする場合も同様で、



と、いう風に呪詛がつけられていた場合、
▽から解除されていきます。


鍛冶屋さんの「鎧の極み」が消されるのを防ぐためのメッキに「△抗毒付与」や「英明」が使われるのは、上記の「消される順番」を応用したテクニックです。

「抗毒付与」だけだとただのメッキどまりですが、知力・魅力上昇効果のある「英明」でメッキをすれば、鍛冶屋さんの挑発技能の成功率上昇・回復量UP・金縛り耐性UPなど一石二鳥なのであります。

なので、英明のできる職業でメッキをする場合は、できるだけ英明でやったほうがおトクです。
posted by 高波夏樹 at 01:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信on豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10652571
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。