2006年03月31日

山地履物の効能と重要度

久々の「豆知識」更新。今回は山岳地帯等のアップダウンが激しい場所で合戦をすることが多い国以外では意外と知られていない「履物」について言及したいと思います。


足装備の詳細をよく見ると、

 「山地履物」「平地履物」

の、2種類の履物があることに気付かれるかと思います。実は、この履物の種類によって、あるものが大きく変わってくるのです。


その「あるもの」とは…「坂での移動速度」です。


長距離移動中に、うっかり勾配のある場所へ突っ込んでしまい、移動速度が極端に落ちてイライラする…なんてコトがよくあると思います。

しかし「山地履物」を履いていると…あら不思議!速度がほとんど落ちません。
※極端な勾配のある場所…たとえば崖などはこの限りではありません


よく、合戦場で

 「せっかくとりついたのに、坂のせいで○○さんが割れた><」
 「先頭の××さんに追いつけない…ラグかも><」
 「なんで坂を後から上ってきた人に叩かれるの!?チートだ><」

なんて会話を聞くことがありますが、そういう発言をする前に自分を含む徒党員の履いているものを確認してみてください。徒党員の履いているものが一定でないと、それが原因で割れたり叩かれたりすることがありますので。


 よくある失敗例:
  1.徒党内の履物が統一されておらず、速度差が出てしまっていた
  2.全員平地履物で、坂で減速しているところを山地履物の敵に捕まった


1.の回避方法は簡単です。全員山地履物に履き替える、もっていない人がいたら全員脱ぐ等して速度差をなくすことです。これで、速度差による割れは減少します。ただし、全員山地履物を履いていても速度差が発生することがあります。これについては後述します。

2.は正直「徒党全員で山地履物をそろえて下さい」としか言いようがありませんorz 履物が用意できないのならば、かわりに馬を使ってみる等、速度に対して工夫を加えていくしかないと思われます。


ちなみに、この山地履物による減速抑止効果は装備の価値によって変化します。

たとえば、価値4の「農夫のかんじき」と、価値8の「脚絆」では効果がまるで違います。農夫のかんじきだと減速が気になる坂でも、脚絆だと平地の如く走れたりするくらいです。

このように「装備の価値」がそろっていないことも速度差が顕著になってしまう原因となる為、合戦で速度による徒党割れを防ぎたい場合は、履物の価値にも十分注意することが必要です…と、いうことを述べたところで、本日は〆させていただきたいと思います。
posted by 高波夏樹 at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 信on豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。