2006年12月07日

豆乳スープと鍋と親父。

今年は暖冬のせいで、野菜各種がメチャクチャ安いです。

近所のスーパーに行くと、白菜4分の1が30円とかもう去年から考えるとありえない値段で販売されていて、

 「こんな価格で利益出るの?店大丈夫!?」

とか、こっちが心配してしまう程。実際農家は大変らしいですね…。


そんなわけで食卓に野菜がのぼる機会が増えてきています。
ぼくがよく食べてるのが「豆乳と野菜のスープ」

最近、寝る前にコレを仕込んでいる旨を徒党や知人に話したりしていたせいか、レシピおしえて!な流れになることが多かったので、ここに書いてみることにしました。

ぶっちゃけ自己流なのであんまり期待しないでくださいw


「豆乳と野菜のスープ」(3〜4人分)

★基本的材料
 豆乳(成分無調整) 300ml
 スープの素(だし汁) 1/2カップ
 味噌 少々
 食塩 少々
(めんどくさい場合は豆乳鍋の素でもOK)

★具のみなさん(量は食べる人数や好みで調整)
 さけ切り身(牡蠣や豚肉でもおいしいしOK、好みで!)
 白菜
 キャベツ
 にんじん
 もやし
 パプリカ
 えのきたけ
 まいたけ
 しめじ


1.鍋に、スープの素1/2カップと豆乳300mlを入れ火にかけます。
2.弱火でゆっくり1を暖めます(強火だと、豆乳の成分が分離してマズイ)。
3.温まってきたら、好みで少量の味噌と塩を入れて味を調えます。
4.具のみなさんを食べやすい大きさに切って上にぶちこみます。
5.材料がしんなりして火が通るまで煮込んでできあがり。



以上、超カンタン料理でありますが、体が温まっておいしいです。
豆乳スープづくりが面倒な場合は、市販の豆乳鍋の素を使うのもアリです。既に味付けされているので、最初はこっちのほうがカンタンかも?

というかいっそもう鍋にしてもい(ry




…そういえば鍋で思い出したんですが、鍋なんかにつきものの、陶器製のスプーンがあるじゃないですか。

あれの正式名称は「れんげ」と言う訳ですが…実はぼく、その名を知ったのは、実は社会人になってからなんですね。知ろうとしなかったとか使ったことがなかったとかの理由ではなく、別の名称で覚えていたからなんですが。



あれはそう…ぼくがまだ小学校にあがったばかりの頃だったかな。その頃はじめて鍋物が我が家の食卓に登場したんですね。


で。そこで登場してきたのが例の「れんげ」です。

お箸やスプーン、フォークは知っていたけど、この「スプーンのおばけ」を見たのはこれがはじめてだったぼく。当然の流れで、親にこの新食器の名前を聞いたわけです。


 ぼく「おとーさん、このスプーンのおばけみたいなのってなあに?」

 親父「それはな、クプーンっていうんだよ」

 ぼく「クプーン?」

 親父「そうだ。スプーンは知ってるよな?」

 ぼく「うん」


 親父「スプーンはな、プーンって人が大昔に発明したものなんだ。
    それで、その人の名前が食器についたんだよ」
(※ウソ)

 親父「スプーンは、ステンレスでできてるプーンだからスプーンで、
    クプーンは、プラスチックでできてるからクプーンなんだ」

   (※当時実家でつかってたレンゲはプラスチック製だった)

 ぼく「ププーンじゃないの?」

 親父「プの字が続くといいづらいから、いちばん後ろのクを
    もってきたんだよ」

 ぼく「そっかー!おとうさんありがとー」


その後、実家ではクプーンが定着。



…そして時は流れ、ぼくは社会人1年生に。

年末、忘年会の席上で鍋物が出てきたわけですが、この時ちょうど鍋物を食べるために必要な食器の数が足りなかったのが、この悲劇の始まり。

末席にいたぼくがお店の人に追加を頼むのが自然な流れの中、言ってしまったのです。

 「すみません、クプーンたりないので持ってきていただけますか?」



もう赤っ恥もいいとこ。上司や同僚はもちろんお店のひとにも吹き出され、あろうことか取締役クラスの人々にまで知られる大失態。


当然家に帰って即親父糾弾しましたよ、ええ。そしたら親父大爆笑。


 親父「いやあ、お前ってホント素直だなあ」


 orz


お袋まで

 お袋「自分で気付くまで面白いから黙ってたのv」


十数年の時をかけたネタに引っかかったぼくもぼくですが、ほんとこの似たもの夫婦にやられましたですよ、ええ。つーか二人とも気が長すぎ!!!



以上、鍋で思い出したネタでした。
今でも「クプーン」って言いそうになるのは仕様です。
posted by 高波夏樹 at 22:14| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 日常記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クプーン!
Posted by こまいぬ at 2006年12月09日 15:10
なっきーの、定着したの?
そしてれんげで人数が期待したかった。
そしたられんげへ調整するつもりだった?
そこでれんげになっきーは字を調整するはずだった。
Posted by BlogPetのちびポッケ at 2006年12月10日 12:36
めっさ家庭的ゃなぃですかッッw
ラーメン屋とか、かなりの確率で出て来ますよね、クプーン
Posted by 太田竜成 at 2006年12月10日 23:58
>こまいぬさん
クプーン!
いまだにラーメン屋でクプーンくださいって言いそうになるぼくがここに。

>太田さん
料理趣味なんで…w
忙しいんで最近はあんまりつくれませんけども。ラーメン屋さんではほぼ出てきますなクプーン。

もういいんですクプーンでД
Posted by 高波夏樹 at 2006年12月13日 22:27
”れんげ”というキーワードで反応した私がいます。。すいません。

豆乳スープの鍋版、昨夜、レシピ参考にしておいしくいただきました。他にもいいレシピあれば、こっそり教えてください…
Posted by 某国の議長らしい人 at 2006年12月17日 08:00
>某国の議長らしい人さん
どうもこんばんは!
レシピ試していただいたそうでなんとも勇気のある…いや、どうもありがとうございます。

うちは最近上記材料に加えて「にら」を投入しはじめました。好き嫌いのある食材ですが、スープの味が引き締まっていい感じになりました。

>他のレシピ
かんたんムニエルとか、かんたん丼物とかお手軽料理系ならいくつかありますので、何かの機会にでも…(’’
Posted by 高波夏樹 at 2006年12月21日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29149398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

陶器をあげる
Excerpt:  穴が開いてて、食材だけすくいとれます。13.8 cm 美濃焼・陶器市での成果・陶器−−和食器−−形状種別・陶器−−和食器−−形状種別・[陶器]陶器−−和食器−−形状種別 大皿 中皿 小皿 楕円皿 角..
Weblog: れんげのレス
Tracked: 2007-08-04 01:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。