2006年12月18日

不入山冥境攻略メモ・壱

龍隠門が終了入ることができる「不入山冥境」。

ところで、周りでよく陸1とか海ダンジョンなんて言葉を聞くんですが(不入山冥境は陸2らしい?)、テストサーバーの頃はそういう表記だったとかなんでしょうかね?


さて。入り口を入ってすぐ中ボス「魔鬼」がいます。
まずはこれを倒さないことには先へ進めないみたいなのでコイツから。

とりあえず戦ってみた感想として、イザナミクエの「黒雷」に近いような印象を受けました。アレを若干弱くした感じなので、黒雷を普通に倒せる徒党ならば、一発で先へ行けると思われます。


なお、今回も以下の徒党構成で攻略をしております。
と、いいますか基本的にコレでやります(・ω・)


・鎧鍛冶
・武士道
・軍学
・暗殺
・雅楽
・仏門
・神通力



★中ボス「魔鬼」

※注意!
陣形及び釣り野伏せは極力入れないようにしましょう。
開幕2ターン目あたりにほぼ確実に霧散霧消が飛んできます


6,7が再生持ちなので薬師は必ず全体喝破を実装しておきます。この再生、かなりの回復力なので、普段実装に組み込んでいない人は忘れずに入れておきましょう。(僧や神職にはぶっちゃけ消してるヒマがないので…)

1,6,7が蘇生持ち、6,7が完全回復及び完全全体を持ってました。4,5が攻撃術系なんですが、正直いって術よりも特殊攻撃の「狙撃針」が非常に厄介です。沈黙入れると頻繁にやってくる上に、後衛狙いでしかもやたら痛い(1500overダメージとか…)。しかし生命自体は低くやわらかかったので、今回はコレから落としていきました。

ちなみに3に侍タイプの敵がいますが、鎧剛鬼の時程一所を多用してきたりはしないようなので序盤はほっといてOKです。



沈黙は基本的に6,7維持で行きます。黒雷と同様、1を含めて全体的に活殺自在が非常に効きやすいので、沈黙サポートが軍学さんならば沈黙の合間に活殺を挟むとかなり優位に戦いを進められると思います。


盾役さんは、1ももちろんですが2を徹底的に釣る必要があります。なぜかといいますと、2が忍者タイプで、「刹那一閃」という暗殺でいうところの「瞬殺閃」を頻繁に飛ばしてくるから。この技は守護抜けなので、後衛に飛んでくると致命的です。

3が沈黙の霧を、4,5が各種呪霧を使ってくるので、仏門さんは後光維持を忘れずに。

また、アタッカーさんに冥護結界を忘れずに入れておきます。これは、反撃を受けた際のダメージ&気合減少効果を軽減するためのものです。この魔鬼から回避率の高い敵が多くなってくるので、余裕のあるうちにしっかり結界を張っておきましょう。


なお、落とす順番は

4>5>6>7>3>2>1

または

6>7>4>5>3>2>1

が、よいかと思われます。



長くなりそうなので禍神の使いと魔竜は別記します。
posted by 高波夏樹 at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | プレイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。